2019年03月

巨乳と美乳の集まる蜜系アロマ~Energy~

ファントム・オブ・池袋(パラダイス)的考察

こんにちは~ えな爺ぃです

昔から春はあけぼのなどと申しまして、あけぼの、と言えば、明け方、
明け方と言えば・・・そんな時間まで映画三昧という・・・

そういったわけで、今日は名作「ファントム・オブ・パラダイス」について
お話ししてみたいと思います

曲を盗まれ、声を奪われ、顔をつぶされ、愛する人を横取りされた孤独な作曲家が、
復讐に燃える怪人“ファントム”と化してまで守りたかった芸術と愛を、
『オペラ座の怪人』や『ファウスト』を基にして描いたロックンロールミュージカルです。

監督は『悪魔のシスター』『ボディ・ダブル』のブライアン・デ・パルマ
主演はデ・パルマ組の常連、というか初期の顔とも言える『悪魔の沼』のウィリアム・フィンレイ。
共演にミュージシャンとしても活躍する『ベイビー・ドライバー』のポール・ウィリアムズ、
『サスペリア』でお馴染みのジェシカ・ハーパーなど。

本作はアメリカよりもヨーロッパでの評価のほうが高く、
アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭ではグランプリを獲得しました。

日本では、というと、まぁ、カルト的、とまでは言いませんが、サブカルおたく入門編、のような感じなんでしょうか。決してマイナーな作品ではないんですが。

何より、とにかく、何度観ても面白く、そして、お涙ちょうだいではないのに号泣レベルで泣かされてしまう、つまるところ、最高級のエンターテイメント作品と言って良いと思います。

ざっと、あらすじをご紹介しますと・・・

音楽業界の重鎮でありながら謎の人物スワン。彼はロックの殿堂“パラダイス”建設のために新たな音を探していた。そんなスワンに目をつけられた売れない青年音楽家ウィンスロー・リーチは、
自作のカンタータ『ファウスト』を奪われた上、無実の罪で投獄されてしまう。

原盤を破壊すべく脱獄してデス・レコードへと乗り込んだウィンスローだったが、プレス機に挟まれて顔と声をつぶし、仮面の怪人“ファントム”と化して復讐のためにパラダイスのリハーサルへと潜入する。しかしそこで彼が見たものは、かつて恋した女性フェニックスの姿だった・・・


PHANTOM-OF-PARADISE



と、まあ、こんなところでしょうか。
興味を持っていただけるようであれば、是非ご覧になってみて下さい。
退屈はしない!!はずです!

冒頭に出てくる、スワンのお気に入りの秘蔵っ子“ジューシー・フルーツ”、
80年代に近田春夫氏の手で”ジューシィ・フルーツ”として転生したことは、
40代以上の方にはつとに有名なところ(のはず)。

底なしの欲望と、報われない愛と、狂乱のエンターテインメントと、
この世の地獄が現出するパラダイス劇場。
なんという阿鼻叫喚の壮絶なまでのクライマックスなのでしょうか

そんな狂乱のクライマックスを締めくくるかのように流れてくる、
ポール・ウィリアムズによる本作屈指の名曲『The Hell of it』

どうやらこの訳詞はとんでも誤訳らしいのですが、えな爺ぃは大好きなので載せちゃいます。
英語も日本語もおぼつかないから気にしない~

何の取り柄もなく 人にも好かれないなら
死んじまえ 悪い事は言わない
生きたところで負け犬
死ねば音楽ぐらいは残る
お前が死ねば みんな喜ぶ
ダラダラと いつまでも生き続けるより
思いきりよく燃え尽きよう

音楽すら残せない凡人はいったいどうしたらよいのか頭を抱えますが

この映画の、そして現実の地獄っぷりを表した素晴らしい歌詞だとえな爺ぃは思いますが、
ハートの弱い人は聞き流したほうが・・・
しかし、ホントにこの通り「この世は地獄」とも言えなくはないわけでして。
逆説ですが、だからこそ、えな爺ぃは、生きる価値があると思うわけですよ

ここまでぶっ飛んでなくても、やりきれないこと、疲れるな~ってことだらけの今の世の中にあって、
せめて我らがEnergyはお客様にとって、得難い癒やしの場で有り続けたいと思っています。

選び抜かれたセラピストさんたちの蜜系の施術、対応が、お客様の心と体を芯から癒やします。

是非一度お越し下さいね

ちなみに、
ルパン三世初期の映画ルパン三世 ルパンVS複製人間』のマモーのビジュアルモデルはスワン、
20世紀最高のダーク・ファンタジー・コミック『ベルセルク』において、拷問を受けた後のグリフィスの
ビジュアルモデルは、大怪我をした後のウィンスローだったりするわけで、
今見返すと、結果的にあちこちに小ネタが・・なんて楽しみ方も出来るという、
やはり、かなりハイレベルなエンターテイメント作品なんですねぇ


●池袋・新宿発23区内 高級派遣型アロマ・リラクゼーション
●蜜系アロマ&回春エステ~Energy(エナジー)~

・Schedule 出勤表[スマートフォン] [パソコン]

・photodiary  写メ日記[スマートフォン] [パソコン]

営業時間14:00~翌4:00 TEL:03-5956-8741 


今回のテーマは「笑顔」です。

いやはや、すっかり春ですね

明日は天気が良ければカメラ片手に風景でも撮りに行こうかと考えてるところですが、天気予報では晴れの様子。いい写真が取れればご紹介でもしようかと思います。

 さて、そういったわけで今日は「シャニス」です。
曲のタイトルは「 I Love Your Smile」
「笑顔が好きよ」みたいな感じでしょうか。

 シャニスの本名は「Shanice Lorraine Wilson」。ピッツバーグの生まれだそうです。
名前だけ聞いても「?」という方は、是非、彼女のこの曲を聴いてみてくださいね。
きっと、どこかで聴いたことはあると思います。

リリースは1991年。アルバム「Inner Child」に収められ、その年の音楽シーンを席巻。
グラミー「Best Female R&B Vocal Performance」賞に輝いてます。
ノリノリのとっても感じのいい曲ですね。

このアルバムには、
Minnie Riperton(ミニー・リパートン)の「Lovin' You」のカヴァーも収められてます。
確か当時の特典映像では、シャニスが唄うバージョンとミニー・リパートン本人が歌うバージョンの両方がありました。
見比べ、聴き比べてみるのもいいかもしれませんね♫♫

200810261501064077801.jpg11111111111111


さて、タイトルの「I Love Your Smile」ですが、
一度は言われてみたいものですね。

Energyのセラピストさん全員が持つ共通点、セールスポイントが
「笑顔」なんです。
お客様をお迎えするのになくてはならないものですね(*・ω・)ノ

セラピストさんの施術は勿論、笑顔がお客様を癒やし、
それを感じたお客様の笑顔に彼女たちもまた癒やされるわけです。
「正のスパイラル」ですね

今日もお客様の「笑顔」のために(←聞いたことがあるような・・・
セラピスト始めスタッフ一同頑張ってます

是非一度お越し下さいね お待ちしております


●池袋・新宿発23区内 高級派遣型アロマ・リラクゼーション
●蜜系アロマ&回春エステ~Energy(エナジー)~

・Schedule 出勤表[スマートフォン] [パソコン]

・photodiary  写メ日記[スマートフォン] [パソコン]

営業時間14:00~翌4:00 TEL:03-5956-8741 

えな爺ぃからのちょっとしたお知らせです

こんにちは~えな爺ぃです

何はなくともですね

春と言えば夜遊び、夜遊びと言えば、風俗

でもって、

東京の風俗体験記の極北と言えば、やはりこれ

・・・といったわけで、
この度Energyが、皆さんも御存知の





こちらにめでたく、取り上げていただくことになりました。

とにかく、見事なまでに楽しんでいただいております

勿論、内容は、読んでいただいてのお楽しみ、ということで


まぁ、何はともあれ、
今回は当店のトリックスター() あかりさん 

大活躍の巻でした  



●池袋・新宿発23区内 高級派遣型アロマ・リラクゼーション
●蜜系アロマ&回春エステ~Energy(エナジー)~

・Schedule 出勤表[スマートフォン] [パソコン]

・photodiary  写メ日記[スマートフォン] [パソコン]

営業時間14:00~翌4:00 TEL:03-5956-8741   
   



残された希望、それは、池袋の空に

こんにちは~ えな爺ぃです

春ですね~
春といえば夜桜、夜桜といえば夜遊び、
夜遊びといえばEnergy、という方もいらっしゃるとは思いますが、
夜、で、夜の過ごし方、といえば、映画鑑賞、
そういったわけで、
どうも最近、好きな映画はの質問に
『ショーシャンクの空に』を挙げる人が、結構周りに多いことに気付き、
ふと、今回はこれで行きましょう、という塩梅なわけです

「ショーシャンクの空に」は、1994年に公開されたアメリカ映画です。
刑務所内の人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマです。

主人公のアンディが無実ではないか、と確信に近づいていくに連れ、
観客はものすごい勢いで彼へ感情移入させられていきます。
だからこそ、アンディにとってのハッピーエンドが心地よく、
且つ感動的な展開と言えるわけですが、
実はえな爺ぃ、こうした点とは別に
「脱獄モノ」が子供の頃から殊の外好きでして・・・

スティーブ・マックイーン主演の「大脱走」、
クリント・イーストウッド主演の「アルカトラズからの脱出」、
若き日のシルベスタ・スタローン出演の「勝利への脱出」、
ルパン三世ファーストTVシリーズ第4話、「脱獄のチャンスは一度」等々、
書き出したらキリがありません。
いわゆる「手に汗握る」というやつで、要は、非常に劇中に引き込まれやすいジャンルであると思います。
気が付くと、無茶苦茶緊張しながら観てる、という・・・

さて、本作品ですが、
原作はスティーブン・キングの中編小説『刑務所のリタ・ヘイワース(「ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編」同時収録、こちらも1998年映画化されてます。)』

監督・脚本はフランク・ダラボンが務め、彼の初監督作品でもあり、
原題の「The Shawshank Redemption」は直訳すると
「ショーシャンクの贖い」になるみたいです。

アンディは気の遠くなるほどの年月を、半ば無実の罪により
閉鎖的で陰湿な刑務所の中で過ごすことになります。

4507770i


そしてクライマックスには(飛びすぎ?ネタバレ?)
パンフレットにも使用されている(皆さんも一度は目にしたことがあるのでは?)
雨の中の脱獄シーンです。

約20年間ロックハンマーで壁に穴を掘り続けて()作った脱獄への道を通って、
ようやくたどり着いた塀の外の世界へ出た時の喜びのシーンとなっています。
これ、実は決して万全の策ではなかったのですが・・・
興味を持たれた方は是非、映画、原作共にご覧になってみて下さいね

ちなみに原作文庫本後半に掲載されている「ゴールデン・ボーイ」にもアンディは名前だけ登場してます。
お読みになる方は探してみるのも一興かと。

それにしても、確証が全く無いにもかかわらず、最後の最後まで希望を捨てなかった
アンディのメンタルには凄まじさすら感じます。


で、これです
Energyもお客様の希望、という大輪の花を池袋の空に咲かせたい、と思うわけです
(いつもながら強引

常にお客様に寄り添い、お客様の希望であり続けるよう、セラピスト、スタッフ一同、
誠心誠意、日々頑張ります。
お客様の希望、それは今日も池袋の空に


●池袋・新宿発23区内 高級派遣型アロマ・リラクゼーション
●蜜系アロマ&回春エステ~Energy(エナジー)~


・Schedule 出勤表[スマートフォン] [パソコン]

・photodiary  写メ日記[スマートフォン] [パソコン]

営業時間14:00~翌4:00 TEL:03-5956-8741 

その男凶暴につき ふたりのランボー

こんにちは~ えな爺ぃです
窓から飛び込んでくる風の中にかすかに春の匂いを感じる
今日この頃。
皆さん如何お過ごしでしょうか

さて今回は、
世の男性を魅了してやまない、二人の『ランボー』について
お話ししていきましょう

まず一人目のランボーは、

「激しく時代を駆け抜けた若き詩人、アルチュール・ランボー」

若さと情熱があふれる詩からアルチュール・ランボーは早熟の天才と呼ばれていました。抽象的な概念をイメージとして表現する象徴派を代表する詩人です。散文的な詩なので読みやすいという特徴もあります。その熱情あふれる作風と同じく、ランボーの人生は壮絶なものでした。

1854年にフランス北東部アルデンヌ県で生まれたアルチュール・ランボーは、軍人の父と地主の娘を母に持つ、比較的恵まれた環境で育ちました。しかし16歳の頃から家出を繰り返しては、逮捕や保護を受けて家に帰される生活を送る中で詩人のポール・ヴェルレーヌと出会い、人生は大きく変わるのでした。

出会いをきっかけにヴェルレーヌと愛人関係になったランボーは、彼とベルギーやイギリスなどを放浪しています。同じく象徴派の詩人だったヴェルレーヌとの経験から、詩の才能を育んでいきました。しかし口論の末にヴェルレーヌに左手首を打たれてその関係は終わっています。

ランボーはヴェルレーヌと出会った16歳の頃から嵐のように詩を書き続けましたが、20歳の誕生日を過ぎた頃から突然詩を書くのを止めてしまいます。その後は軍人に商社マンと職を転々とし、1891年に骨肉腫を患い右足を切断しますが時すでに遅く、体中に転移した癌によって37年という短い生涯の幕を閉じました。

えな爺ぃが個人的に気に入っている、彼の詩の一節を挙げてみました。

あらゆるものに縛られた
哀れ空しい青春よ
気むずかしさが原因で
僕は一生をふいにした

今や、「人間」が神様だ!
だが「愛」はさけがたい「真実」だ!



C-_Users_USER_Desktop_sub_main



そしてもう一人のランボーは、

「決して終わらない地獄の季節を生き続ける孤高の戦士、ジョン・ランボー」

シルベスタ・スタローンが演じた「ベトナム帰りのグリーンベレー」
ジョン・ランボーです。

『ランボー』(原題:First Blood)は、1982年のアメリカのアクション映画で、『ランボー』シリーズの第1作です。その後シリーズ化され、2~完結編までが公開されています。

ディヴィッド・マレルの処女出版小説『一人だけの軍隊』の映画化作品であり、社会から孤立したベトナム帰還兵ランボーと、たまたま街を訪れた流れ者というだけでランボーを排除しようとした保安官との戦いを通して、「ベトナム戦争によって負ったアメリカの傷」が描かれています。 
本作によりスタローンは『ロッキー』に続くキャラクターイメージを獲得し、アクションスターとしての地位を不動のものとしました。

そんなジョン・ランボーの名台詞といえば・・・

この7年間ベトナムの悪夢が頭からずっと離れないんだ。目が覚めても自分がどこにいるのか分からなくなることがある。一日中誰とも話さない、時には一週間ずっと。忘れることができないんだ。

俺が望むのは彼らが望むことです。はるかベトナムにやってきて、命をかけて戦った彼らの望み。俺たちが国を愛するように、国も俺たちを愛して欲しい。それが望みです。


如何でしたか?
生き方もキャラクターも、何より活躍した時代(片方はフィクションですし)も
違う二人ですが、不思議と共通点があるように思います。
一言で表すなら、「愛への渇望」ではないでしょうか?

詩人ランボーは、生涯で唯一身が焦がれるほどに愛したヴェルレーヌからの、
戦士ランボーは、共に戦った仲間たち、上官、ひいては彼らが命を捧げたはずの国からの、
愛に飢え続けていたように思われてなりません。

この、ともすれば暗い影が、二人の天才にはからずも独特の人間味を与え、
世の男性の共感を得ているのでは?と、えな爺ぃは思うわけです。

「愛への渇望」・・・何でしょうね??
考えるに、それは、
「愛し、愛されることに飢えている」ということなのでしょう、おそらく川 ̄_ゝ ̄)ノ
そして、
彼らにとって必要だったのは「愛のこもった癒やし」だったのでしょう、おそらく(・∀・)つ
(ちょっと強引
それは「癒やし、癒やされる蜜系の時間」とも言えましょう

Energyのセラピストさんたちも日々、お客様に愛のこもった癒やし空間をご提供しています

愛に仕事に日々戦い続ける世の男性に今日も極上の癒やしをお届けします

積年の渇望すらもハッピーに変えてしまう、Energyのヒーリング・ワールド

是非一度足を運んでみて下さいね


●池袋・新宿発23区内 高級派遣型アロマ・リラクゼーション
●蜜系アロマ&回春エステ~Energy(エナジー)~

・Schedule 出勤表[スマートフォン] [パソコン]

・photodiary  写メ日記[スマートフォン] [パソコン]

営業時間14:00~翌4:00 TEL:03-5956-8741